<本場結城紬 藍染めと絣括り>

本場結城紬の糸、手紬糸で絣くくりして藍染めをおこなうと、絣にならない。

絣くくりした本藍染めの本場結城紬というのは、いまだにないのである。

藍のしみ込む能力と手紬糸、絣くくりこれらが成功したというのはきいたことがない。

そして今後も成功しないだろう。本場結城紬の精緻な絣くくり(木綿糸でくくる)と

絣しばりする糸が完全に藍がしみこまないくくる糸が必要になる。ゴムやセロファン

を使用するなど。それでは絣があらすぎて精緻さには欠ける。

藍染めで染めるときに、染色工程で力強く染める糸(手紬糸)を握りしめ、

防染するならば絣はできるが、手くびり(絣くくり)した糸とは呼べない。

本藍で染めてミリ単位の絣で勝負する本場結城紬も博物館では藍染めの本場結城紬

といいつつも絣の経糸と緯糸は化学染料で染色されている。それを藍染め本場結城紬

の細工物というのはちょっと違う気がする。