本場結城紬が織られる織機(地機)じばたについて

結城紬は地機で織られています。特徴はタテ糸を腰でつり、必要な時にだけタテ糸に張力をかけます、そのため独特の風合いが出ます。昔からこの織り機で織られてきました。居坐機(いざり)機とも呼ばれてきましたが現在<いざる>という言葉が死語になっています。現在は地機(ぢばた)と呼びます。
名 称 用   途
a 掛糸 糸綜こうで、下糸に掛けてある(下糸を上げるため)
b 筬<オサ>つか 筬をはめて、固定する木の枠
c 前がらみ 織れた紬を巻いておく
d 腰あて 腰でタテ糸を張るために腰に巻いてある
e 腰かけ板 織機に腰掛ける板
f 杼<ヒ> ヨコ糸をタテ糸の間に入れ、打ち込みます
g ヨコ管(糸) ヨコ糸が巻いてあります(杼の中に入っています)
h 管箱 針やハサミ等を入れておく箱
i 前板 織らない時に、前がらみ等を置く板
j ふんばり棒 足を突っ張るための棒
k 筬<オサ> 筬目にタテ糸2本が通してある
l 中つつ棒(2本) 上糸と下糸を開く棒
m さる 中つつ棒が上下に入っている
n 男巻<オマキ> まだ織らないタテ糸が巻いてある
o 機草<ハタクサ> タテ糸と一緒に巻いておく
p あげくさ棒 男巻きに巻かれた一番上の糸を上げておく棒
q 足引きひも 足に掛けるひも(下糸を上げる為
r まねぎ 足引きひもが縛ってあり(下糸を上げる為)
s あや棒 上糸と下糸で綾になっている所に入っている棒
t かけ糸つるし かけ糸が掛けてある棒をつるす
1、上糸だけ固定してあります。 2、1から下糸を掛け糸しているため、織手さんが引っ張る事で下糸が上糸と交差します。これは地機で、片口開口と呼ばれています。 3、織られた物が前がらみに巻き付けられます。
手織り機の違い(機械織り、半自動織機ははぶく)

地機と高機(1)

地機と高機(2)

手織り機の織り組織

手織り機の織り組織の違い

地機織りの画像や作業風景

地機織り画像集(1)
地機織り画像集(2)
地機織り画像(3)
地機織り(縮み織り)

トップページへ戻る