〜北村陵の不思議な世界〜

期間限定的ホームページ

 

 

絹の贅沢をとどける メディア

このホームページを日本民藝館の民藝運動家故あらい様へ捧げます

 

生活のないところに紬なし

井戸の水が湧く場所は教える水をくみに行くのはあなたです

私がいままで染織の世界を極めようと努力してきました。応援していただいた多くの方やよきアドバイスをくださった方にこの場を借りて感謝いたします。友達解除などお好きな方法をおとりください。そして私に用件のある方は北村織物と検索して調べ連絡ください。そこに掲載していることが全てです。この業界で生きていくことは半端な気持ちでは続きません。そして命ある限り両親の手伝いをします。更新はここで終了です。北村織物 本場結城紬では、新たな試みとして心障害者や身体不自由な方や高齢者でも織物教室が可能か、という新企画を試験中です。企画成功と同時に東証一部上場企業へ企画を申し出る計画です。伝統工芸士北村陵 北村織物広報部担当
ありがとう 北村陵

特定商取引法に基づく表示

染織個人的購入資料集200冊調べ 研究が身を結ぶ可能性 北村陵調べまとめ

↑とてつもない評価を受けていますが自分でも当時何考えていたか覚えてません。宣伝して

書籍の売り上げに貢献するような本紹介と調べです。個人レベルで図書館と手元用があります。

本場結城紬

草木染め本場結城紬

 

本場結城紬の着尺の着尺販売は父のサイトにあります。

こちら本場結城紬の着尺と帯の販売

本場結城紬

 

自分で企画した草木染九寸名古屋帯がお客様の愛用品として大切にされているのを見ると嬉しいよ

これは生産者の立場で見てのこと。

だけど

生産者の立場ではなく

消費者の立場で作っていく時代になっていくんじゃないかな。

少なくとも

そう考えているよ

自分がアルバイト夜勤時代に支えてくれたファンなんだ。

持ちつ持たれつちょうど良い。

北村陵

2018.北村織物 見学 まとめ2018年12月

結城ケーブルテレビワールド記者

結城七社 小山 高椅神社 来賓

茨城県立博物館 歴史館

ヒッチハイク学生日本一周 取材 対応 北村陵

 

国の重要文化財 月山寺 修行の書 北村陵 筆 自干支 イノシシ

西麻布 衣裳らくや石田 石田節子先生書

和ぶんか塾 弓岡勝美先生書

 

 

平成22年11月16日,ケニアのナイロビで開催されたユネスコ無形文化遺産保護条約に関する第5回政府間委員会において,結城紬の「人類の無形文化遺産の代表的な一覧表」への記載が決定しました。

 世界には,地域に根付く伝統・慣習など文化の多様性を象徴する無形の文化遺産が数多くあります。こうした無形文化遺産は人類にとって重要な文化遺産であり,ユネスコ(国際連合教育科学文化機関)は国際的な協力体制の確立を目的とした「無形文化遺産の保護条約」を発行しました。条約の締結国はその目録を作成し,『無形文化遺産の代表的な一覧表』に記載提案をすることとなっています。

 日本でもこの条約に基づき,2009年から「代表一覧表」への記載の提案を行っており,染織部門では新潟県の「小千谷縮・越後上布」に次いで2番目となります。

 結城紬は本市を中心とした鬼怒川流域で生産されている絹織物です。糸つむぎから機織りに至るまでのすべての工程において,手作業による伝統的な技法が守られており,昭和31年には国の重要無形文化財に指定されました。
 今回の記載により,古代より受け継がれてきた技術と文化が,世界でも守るべきものと認められました。

本場結城紬の歴史

崇神天皇の時代に、多屋命(おおやのみこと)という人物が三野(美濃)の国から常陸 国久慈郡に移り住み、長幡部施(ながはたべのあしぎぬ)と呼ばれる織物を始めたといわ れています。施とは太い絹糸で織った粗布のことです。それが結城地方に伝わり結城紬と なったとされています施。施は「常陸紬」と呼ばれ、1322年(延元元年)に発行された、当 時の初級教科書である『庭訓往来』(ていきんおうらい)で諸国の名産品の一つとして名 が記されているほか、1601年(慶長6年)にこの地方の代官となった伊奈備前守忠次(い なびぜんのかみ ただつぐ)によって、京都・信州における織物技術を取り入れるなどし て改良が行われ、知名度が高められました。

「結城紬」の名を確認出来る最古の書物は、1638年(寛永15年)に刊行された俳諧論書 『毛吹草』(けぶきぐさ)であり、1712年(正徳2年)には最上級の紬として当時の百科事 典にあたる『和漢三才図絵』(わかんさんさいずえ)にも紹介されています。

1865年(慶応元年)に初めて絣の結城紬が制作され、1873年(明治6年)にはウィーン 万国博覧会に出品され、世界的に名を知られるきっかけとなりました。

1956年(昭和31年)には、麻の越後上布、木綿の久留米紬(のちに芭蕉布、宮古上布が 追認)とともに、国の重要無形文化財に指定されました。

保持者の認定は、糸つむぎ、絣括り、染色、織、仕上等の工程中より、特に結城紬の指 定要件に該当する工程に従事する者を代表者として認定することとし、かつ製織者が茨城、 栃木両県にまたがっているので、保持者を認定する各工程について、両県より1名ずつ保 持者代表として認定することになりました。そこで、審査の結果、次の6名が代表者とし て認定されました。

糸つむぎ部門

絣くびり部門

織部門

茨城県

大里 ふく

北村 勘一 (死去後→田中 林次)

北條 きの

栃木県

大塚 いせ

今井 五郎 (死去後→谷島 武雄)

増田 かね

 

1975年(昭和50年)、国の文化財保護法の一部改正により、技術保持者の代表指定が団 体指定に改められた(従来の認定者は解除)ため、糸とり部門62名、絣くくり部門52名、 織り部門52名、学識経験者5名の計171名により、重要無形文化財としての結城紬の伝統的 製造技術を保持し、その技術の伝承と向上を図ることを目的に「本場結城紬技術保持会」 を設立し、1976年(昭和51年)4月30日付を以って認定を受けました。

なお、この技術保持会とは別に関係市町村と茨城・栃木両県の文化財担当課及び両県の 技術指導機関により、結城紬の技術保存と精神的、物質的援護を目的に財団法人として「重 要無形文化財結城紬技術保存会」(事務局結城市商工観光課)が1961年(昭和36年)に設 立されています。

また、1974年(昭和49年)9月の「伝統工芸品産業の振興に関する法律」(伝産法)の施 行を受けて、1977年(昭和52年)3月に、本場結城紬は伝産法にもとづく「国の伝統的工 芸品」の認定を受けることになり、これに伴い、「本場結城紬伝統工芸士会」が設立され ています。

さらに、2010年(平成22年)11月16日に、伝統的工芸品結城紬は「ユネスコ無形文化遺 産」に認定されました。

 

努力すれば認めてもらえる。誠意を若者はもて。自分に自信をもて

日本民藝館奨励賞受賞者 北村 陵

茨城新聞社は偉いよ。俺を職人と呼ぶんだ。

俺は自分が職人だと思ったことはない。

兵庫県 丹波 染織工房こおり舎原料

手つむぎ糸生産

 

石島孝子先生 2018年 文化の日
茨城県立博物館 見学 茨城県立博物館 見学
結城七社 高椅神社宮司様 来賓 結城七社 高椅神社宮司様 来賓

紬を離れりゃ何残る?

幻の布を追い求めて 北村陵

離農問題と防犯

親戚の手伝いについて

北村陵手伝い

結城市曹洞宗見龍山乗國禅寺 

鈴木仙舟先生も太鼓判企画クリック

↑上記リンククリック現在調整整理工事中↑

何も隠さない。飾らないんだ。

 

新旧の福島県上等繭と丹波染色工房こおり舎の原始的クズ繭を宣伝

手ごたえを感じた。

   

 本場結城紬 北村織物サイト(2) 総合

 

北村織物のホームページは二つ(管理人が父)あります。北村織物サイト

お世話になっている一部上場企業セントメディア松本和樹さん協同企画ページ

お世話になっている一部上場企業ウィルグループ粋-iki-

 

 

創設者 北村直三郎

Kitamura orimono

 

  • 織物教室や購入の前に一度見学することをおすすめします。織物教室(地機織り)も行っています。結城紬のことならおまかせ、色無地、十の時、亀甲ベタ、蚊絣など一反から注文受付しています。北村織物では主に本場結城紬地機織り(いざり機)の商品を扱っています。結城紬地機織りお好みの色でできます。見学もできます。結城紬織り体験もできます。見学希望の方は前もって連絡していただけると幸いです。

 

結城紬生産者織元サイト 北村織物サイト1を基本として情報量補足のために製作された。

このサイトでは結城紬がなくなるといわれ、そうならないようにしましょうという活動や生産されていく過程をのぞくことができます。

 

 

更新についてのリンクタッチ

 

本場結城紬の道具の販売2018.10.30全終了 道具の販売は終了しました。

お得意さんの造園屋さんオリジナルホームページ

サイト結城紬2007立ち上げ2007-2014サイトトップ

2014-2016サイトトップ

染色の現況2017- 北村織物生産作品
蚊絣の生産履歴(参考) 愛すべき日本人一覧表

 

↑このページが本来のトップページです。今回から商用ベースのものは父のサイトに任せ、内容をより充実したものを目指します。このページでほとんどは足りてしまいます。データは莫大になりつつあります。

北村織物Facebook 

最新の絣道具と沖縄

映画記録保存センター

および 東京大学研究室 様 あて

糸について

糸の説明と詳細の解説

 

絣くくりについて

絣くくりについて

(1)絣・参照 

(2)絣のロジックシリーズ

(3)過去の絣生産分 

絣ほどき作業の解説動画

 

手織り機について

(本場結城紬の織り機二種)

地機織りと高機織り

地機と高機の差異(動画)

地機と高機の差異2(動画)

 

ちぢみ 縮の糸の秘密

 

 

 

<

古書現代1st

古書現代2nd

古書現代3rd

     

中間資料集1(55)

中間資料集2(b59)

中間資料集3(2-3c)

古書現代3(2-3c続編)中間資料 

中間資料集4 

 
     
 

Twitter速報

古書現代ZERO

色と文献だより 

↑ 結城図書館の書籍、保管は変化しますが個人範囲で調べてレポート化しています。

過去の絣生産分 

アナザーストーリー図書 
   

 

<ミチコレときどき結城紬>ブログ

ミチコレ管理人

 

北村織物教室ブログ

本場結城紬織物教室&制作ブログ

制作ブログ

北村織物 本場結城紬制作ブログ

 

 

 

五代北村陵Blog

 

 

本場結城紬織物協同組合まつり まとめ

糸とり 手つむぎ糸生産YouTube動画Blog

本場結城紬ができるまで
結城紬とは?

結城紬を知ろう!

ミチコレ

伝統工芸士、/国の重要無形文化財保持団体会員保持者 

北村道子の世界<結城紬アンダーワールド>

地機織り着尺の商品

三種の繭、3レポート集

ユネスコ無形文化遺産登録にもあるように全ての工程で

消滅の危惧がされています。

仲介なしの結城紬価格、見学無料、撮影可能、プロ(伝統工芸士)が教える 織物教室の生徒さん(地機織り 高機織り)随時募集中

 

結城紬(本場結城紬)ができるまで 煮繭真綿かけ糸つむぎ糸あげ糸のべ絣くくり染色糊付柄合わせはた巻機織り糊抜き

 

本場結城紬は重要無形文化財であるこの三要件(三工程)が技術指定されています。

 

技術指定三要件

<つむぐ、括る、織る>

 

結城紬には図案がある。図案にはかいていないことまで深く読み取りなさいということはかいていない

すべての工程で時給換算できない仕事伝統工芸とはそういうものだ
国の重要無形文化財技術保持団体会員証証明 国の重要無形文化財技術保持団体会員証証明  
本場結城紬優良後継者賞(平成26年)
親子で取得 国家資格だった親のタテ

<平成17年度>日本民藝館奨励賞と全国伝統的工芸品コンクールで母との合作による日本経済新聞社社長賞のダブル受賞はその後、絣括りの重圧とスランプに陥った。当時はつらかった, 北村 陵(Ryo Kitamura)

柳宗理 氏 は2011年に他界した。彼が奨励し託したものはなんだったのか

そして

石の上にも15年目へ

 

活動内容一覧

活動2016年 つむぎ

北村織物作品一覧
手つむぎ糸生産1〜100まで(まとめ)糸とり
手つむぎ糸生産101〜まとめ糸とり
 
 

祖父が吉永小百合さんに結城紬の説明をして映画撮影に協力していただいたサインとサインは絶対にしないと言われている澤地久枝さんから親父が仕事でいただいたサイン

左掲載は

北村織物の礎をきずいた初代北村織物(北村 直三郎)

二代 北村 勘一 が 佐多稲子 の文学インタビュー

にて親からつむぎを習ったとの記載があることと

写真記録上 最も古いため 直三郎 を 北村織物初代 とする

亀甲 北村織物 オーダーメイド受付中

十の字(蚊絣) 北村織物オーダーメイド受付中

十の字および蚊絣は日本民藝館にて奨励賞を北村陵は受賞してます

安心の質を供給できます。

地機織り 縮(ちぢみ) 華十(はなじゅう) 平も絣オーダーメイド受付中

華十絣および中貫十字絣の縮は2013年全国伝統的工芸品コンクールで入選

地機織り 縮(ちぢみ) 平も無地、縞、格子 オーダーメイド受付中

日本民藝館にて縮は準入選の評価をいただいています。縮は茨城県指定の技術です

茨城県の地域情報サイトに紹介されました。

合格証紙 検査証 付き 中央は問屋のラベルのためありません。
蚊絣(十の字) 本場結城紬 北村織物 使えば使うほど、絹本来の光沢がます 本革のように使用していくと独特の風合いや味が出る

下記の画像 祖母の兄の賞状 名誉農家生まれ

 

北村 しわ

撮影 昭和写真家 島田謹介

 

北村 勘一

同左

紬と農業

昔の頃を思い出す

確かに祖父は同じことをしていたと

様々な職業の方と会話したりしている

例えば農業では最新の機具を

用いてもGPSは俺はつけねぇんだとか

 本当の現実を見せてくれるのだ

そもそもなぜ私は世代の違う方と会話

できるのか不思議に思う方もいる

だがちょっといいですか

と聞けばいい 紬も同じなのだ

足を運ぶと世界は変えられる

それが会話だ

北村 陵

にしむらうどんさん

 

フルオーダーメイドの追求、

今あるものから、これからのものへ 

伝統美の体現

 

Tel. 0296-33-3567

お気軽に見学、仕立てについてご相談や連絡下さい

メール

茨城県結城市結城3564

〒307-0001 北村織物

工房織元紹介

創設者 北村直三郎 NHK局保存本場結城紬日本最古フィルム撮影許可者

 

故人曽祖父 北村勘一 叙勲者(略)、NHK局保存本場結城紬最古フィルム放映許可者
民藝第三十七号重要無形文化財保護法茨城県代表者認定
第七回全日本繊維技術振興展振興賞受賞 勘一作当時佳品『トンボ絣』『蚊絣』保存会買上
民藝の父、柳宗悦 島田謹介 佐多稲子 浦沢月子 などと交流があったとされている
 先祖が武家であったため天皇様側近の近衛兵を務め当時人間国宝認定(その後、結城紬は団体指定になり人間国宝解除) など

 

故人祖父 北村敏雄(国の重要無形文化財技術保持団体会員、保持者)(茨城県伝統工芸功労者賞受賞)(株式会社秋場感謝状受賞)
続、(通商産業省生活産業局長伝統的工芸品振興協会会長伝統的工芸品産業功労者賞受賞)(株式会社奥順感謝状)
続、(茨城県知事優秀技能章蚊絣受賞) 結城市立結城小学校へ寄付金感謝状、結城市観光協会表彰状、NHK局保存本場結城紬最古フィルム放映許可者など

 

北村初雄(染色部門伝統工芸士、国の重要無形文化財技術保持団体会員、保持者) NHK局保存本場結城紬最古フィルム放映許可者、受賞多数

北村道子(製織部門伝統工芸士、国の重要無形文化財技術保持団体会員、保持者)

全国伝統的工芸品公募展コンクール日本経済新聞社社長賞二回受賞)

(横浜シルク博物館入選結城紬初)など

 

北村陵(染色部門伝統工芸士取得)(日本民藝館奨励賞受賞)(全国伝統的工芸品公募展コンクール日本経済新聞社社長賞受賞)

続、(10代で国家資格調理師取得済)(本場結城紬優良後継者賞受賞)

栃木県小山市紬技術支援センターに地機ネコと絣道具寄贈など

 

北村織物はどこ?

メール、お問い合わせ

 

ご覧頂きありがとうございます。サイト自体、高い信頼性と品質メディアサイト、情報の正確性を目指しております。情報はその時代や流れにそって変化するため更新もなるべく増やして補足しております。安全性、個人情報など法に基づき細心の注意をはらっておりますが万が一、落ち度があった場合、コンテンツの気軽に問い合わせにて対応いたします。北村織物の製品は全て手織りの商品です。サイト内用語で糸あげのあげるとう文字は古い文献にのこる揚げるという文字を採用しています。機械織り、結城郡織物(いしげ結城紬)の商品は扱っていません。実際に織元におこしになられて確認していただいたり見学も受け付けています。日本の伝統文化を重んじる方のみの織物教室も行っています。続き>>

無断転載をかたく禁じます スマートフォンからだと大幅な画像乱立が発生している場合があります。

サイト容量がおおいため画像表示まで時間がかかる場合もります。最新の環境で観覧することをおすすめします。

北村織物は茨城県本場結城紬織物協同組合という組織に加盟してます。

業務用、事務用品業者の方へ 

北村織物は最小人数制の小さな現場でなりたっており、大きな工場(作業場)ではありません

  • 本場結城紬の質問や初心者の方の糊抜きや仕立ての相談も行なっています。基本的に本場結城紬は高額なため商品を仕立てたのは誰なのか、いくらなのか、その残りで出たハギレはどうしているのかを明確にするために結城駅付近にあるさいとう呉服店さんを仕立ては紹介しています。一番明確だったためです。あたかもハギレをくすねていると勘違いした消費者は少なくありませんが本場結城紬は代を重ねることが前提のため、着尺から残りの布は着物に縫いこまっています。ほどいた時、つなぎ合わせると一反分の布になっているのです。電話などの受付けは夜9時まで行なっています。メールは随時行なってます。あなたのおうちにある、いらなくなった結城紬の道具買い取ります。電話0296-33-3567日曜・祝祭日・年末年始は休業です。本場結城紬の着尺購入後は糊抜き(湯通し)という専属の整理店にかける必要があります。だいたい整理店は5000円くらいかかります。糊抜きの工程をはぶくことはできません。新品の本場結城紬地機織り着尺商品で13万円未満の商品というのはありえません。
  • 北村織物は家族規模の小さな工房で大きな工場ではありません。研究等も個人調べレベルのものです。

保護者及び後継者を目指す方へ:生産者はただ生きていると言う時代は終わり公務員のような平和ボケしたような人材が私は研究員ですなどというこの国は未来はありません。まるでこう言う方々の意見は一流生産者は無視していますがそのことに彼らは気がついていません。相手にしているのは暇で紛い品を平気な顔して売りつけるような地元企業だけです。北村織物本場結城紬では、今後、後継者を確保するということは、好景気、不景気問わず行いません。結城市、小山市、県単位などで様々な後継者育成や企画がおこなわれ、あたかも織元が人材を欲しがっているかのようにとらわれる。という現象になっています。しかし、これは、あまりにも市や県、国、世界が、本場結城紬の現場とは、<かけはなれている>ため、起こっている現象です。織元が採用した織り職人は、今後、織元と同じ環境を整え、独立してもらうしかないということは、すでに新聞でとりあげられ、前例があります。こんな無責任な企画は<停止させろ>と私は言い続けています。しかし、現場の声はとおりません。

 

 北村織物 本場結城紬 北村陵