足利織物の資料館内撮影

2016.1.24.

足利学校という建造物が遺産登録入りか何かでにぎわいをみせている。

その足利学校という重要な建物のある近くに織物資料館があり、

自由に撮影してよいというので撮影した。館内の堂々の八丁撚糸機は

私の見てきた実物資料でもっとも巨大な大きさであった。

八丁撚糸機は、ちぢみ(縮)のようなしぼを出して布地にシャリ感を

出すために、よこ糸に強烈な撚り(回転)をかけて織物を織ると、

独特のしぼのある織物ができる。実際に動いていたら、動画も撮影したの

ですが、それはなかったです。

八丁撚糸機
倉持撚糸屋さん取材 八丁撚糸機と杢糸生産機 ←八丁撚糸機について、結城紬で使用されている撚糸機等、以前まとめたものは左記のリンクになります。