1. 民藝 (予定) 秩父太織

    秩父(ちちぶ)ときくと、秩父山脈などの山がそびえる地形を思う。地機織りが結城と同じく残る秩父太織 という 私がまだ知らなかった織や糸へのこだわりをもつ生産と技術は今後も残す、残していかなくてはないらない民藝活動であることは間違えない。秩父太織の北村さんは、スウェーデンなどの日本から遠いところでも実演するなど、活躍の場を増やしている。

    なんでも、生産に関する秩父太織の話しをきくと、今後の生産性は、実際に秩父へいって見学してチェックしておきたいものがある。秩父太織は結城と同じく、地域に根をはった伝統技術をほぼ変化させることなくいまだに続いているというつくりかたには、衝撃には、ハッとさせられるものがある。

    北村さんが結城に実際におこしになられ、骨董市で発見した<きぬたうちの道具>は骨董市では、くるみをわる道具だと説明されたのだが、<これは きぬたうち の道具ですね。>と鑑定され、少々安堵した。あとは秩父の生産性の現況を肌で感じるだけだ。

    (原稿未定 追加予定)2014.7.

    2017.6.29.

    ときが流れ、いよいよHand weaver Magnetic Pole 秩父太織(ふとり)と北欧織 Kumiko Kitamura  Maya Minamiさんの工房へいく




    北村久美子さんは、地機織りで織物を織っている、というプレゼンがあり私ども北村織物本場結城紬にきてプロモーションビデオをみせてくれた。まだその頃、北村久美子さんが独立して工房をつくるのだというビジョンは私たちには知らせていなかった。秩父太織(ちちぶふとり)という秩父の誇る織物は、珍しく生産者がほとんどいなく、秩父銘仙の総合部門という形で北村久美子さんは伝統工芸士に登録されており、そうした枠のないくらい希少な織物なのだ。私は北村久美子さんがうちにきたとき、プロモーションビデオにうつる北村久美子さんが約20年の修行で秩父太織をまるで恋人のようにいきてきたのではないかと感じた。なぜそう思うのかときかれると困るが、私も結城紬の染色部門絣くくりで伝統工芸士を取得したのが32歳で、2回目に北村久美子さんがMaya Minamiさんという仕事のパートナーをつれてきたとき、まだ私は伝統工芸士ではなかった。プロモーションビデオには北村久美子さんが北欧で地機織りをする場面があった。Maya Minamiさんは北欧織りの独特の織組織をうみだす高機織りの四枚綜絖での技術をものにしようとして北村久美子さんのあとをしっかり追っているようであった。まず、秩父太織は、繭が生きた状態でさなぎがくいやぶるかどうかという時間との勝負でいわば<生がけ なまがけ>にこだわりがある。これは結城紬にもあって繭がさなぎが生きた状態で繭を煮込むことで上質な糸ができる確率がぐんとあがる。秩父太織はさらに結城紬と似ているのがセリシンという繭(絹)の光沢を煮繭の工程でおこないはずしてしまう。最初はざっくりとして木綿のようだがその風合いは織物にして着物にし着こなすうちに、うちにこもった真珠のような光沢がでてくる。布が100年以上輝き続けるというのもおそらく共通してくる。Maya Minamiさんは座繰り(ざぐり)もなれたもので道具が壊れるのではないかというような高速回転で手早く座繰り糸にしていく。繭がそれにつられて踊るようであった。じつは見学したときの画像は最小限にすることでこれからこの工房を訪れる人のみる感動として残したいので三枚のみとさえていただく。素晴らしい見学だった。工房の名前は北村久美子さんとMaya Minamiさんの北南が由来のようだ。 書き手 北村陵