土地の匂いのする紬は少ない・佐々木愛子
手織紬を着なれる前には、主にお召、大島を着ていました。西陣の縞お召、風通お召、十日町の絣お召、八王子のほぐし織のような絣お召、塩沢お召などは、しゃっきりした地風の好もしいものでしたが、水にあうと縮むのが難点でした。お召は、織物を専業とする人びとが織り続けてきた織物です。それにひきかえ手織紬は、農家の人たちが自家用織ってきた織物が始まりです。自家用の織物は、色柄は野暮でも糸の素性はたしかです。屑繭から紡いだ紬糸で、丈夫さ第一にと織り続けてきたのが各地の手織紬だと思います。そんな素人の織物が、業者の織るお召を駆遂してしまったのは、とても興味ぶかいことです。お召が人絹糸などと交織の織物を織ったことも、お召の衰える一因になったと思います。私の母が着ていた大正の末頃の縞お召は、ごりっとした地風で、細い縞のたて方が、まことに洗練されていました。残っている小裂を見ると、私は今あれば着たいのに思います。今日では、織物の産地で紬を織らない土地はないくらいで、紬の名称も覚え切れません。しかし、昔のように、その土地その土地の手作りの紬織物は、とても少なくなりました。大量生産された紬の地風には、絹や紬糸のもつ本来の味がうすれ、地風は頼りなく、どんな糸を使っているのだろうと心配になるものもあります。昔は「一度水を通ったきものは、よそゆき着には出来ない」という言葉がありました。水を通すということは、洗張りすることです。それだけ仕立おろしということを尊んだのでしょう。けれども昔の大島などは、洗張りしたきものが、新しい時よりももっと着心地がよくなったと思います。