<結城紬 柄合わせ>

絣のたて糸の柄をそろえる作業です。

たての絣をくくったら染色し、木綿糸をほどきます。絣は枠からはずし、4反から一反分にします。それを終えたら基準墨をたよりに柄合わせします。
柄合わせしました。
総柄の場合100本以上柄合わせしなくてはなりません。柄合わせは前もって基準墨をつけておきます。
黄色い部分が基準墨です。
筬を前へ前へ進めていきます。
基準墨で揃えると写真のように柄が見えてきます。
柄を合わせたら括ってほどけなくしておきます。全て柄合わせしたら終わりです。