価格の目安

北村織物では、反物、地機織りによりできあがる商品の価格を

無地、縞、格子(ともに三色まで)を28万円という設定にしています。

これはひとつの目安ですが、この(28万)価格以下にすると、

生産者のためにも消費者のためにもならないというものです。

絣を入れると高額は確実です。売りがこれは50万だ、100万だ。

といえば、それまでの世界です。絣も高額ですが、無地などでも

28万円です。この金額は誰がどうみても、どのような商品だろうが、

ひと財産動かす、動くわけで、気軽に買おうと

とびこめるものではありません。よく、結城紬を買うときは、

清水の舞台から飛びおりる。というように形容や表現されます。

どのような過程であれ、高額ですので、ひとつ考えて行動してもいい

と思います。

様々な販売や流通があり、いったいどのあたりから、考えればいいのか、

消費者の目線で考えるというのは、つくりてとしてからは、把握できない

ところです。

よく、結城紬の本物、偽物、いわゆる真贋を聞かれますが、

答えようがないとしかいえず、見極めるなら、<糸>と<織り>の本物を

知る。という作業をしないで、行動したり、企画したり、販売したり、買ったりしたら

失敗に終わるのではないでしょうか。

北村織物が100年以上生産者として機能してきたのは、

つくる。という絶対的なパイプがあるからです。

つくってしまうという能力は絶対的です。

それ以外に強みはありません。 (北村織物 北村 陵)