きものday結城

11月14日(日)

きものday結城         

 

 9:30~1:00

SHIMAYAにて

     

SHIMAYAの入り口です。

ショール

紬の小物 紬着物QPがお出迎えです。

店内

紬の着尺類

ミチコレのコーナーです。

新開発商品 新しい試みの商品です。

タテ (手糸つむぎ)ヨコ(紙)で織った帯など

UTプロジェクト

作品展示

UTプロジェクトコンテスト作品展示

結城紬のハギレを利用した作品です

コンテストに出展しているとか。

これ!ですと教えてくれました。

では、記念写真をとりましょうね

手に作品(みずひき)を持って笑顔!

お友達も着物姿で決まってます。

お茶でもどうぞ。

知り合いの作品を発見して

髪に挿して

可愛いから記念写真。

着物姿も素敵だから全体も カシャ!

SHIMAYAは見世蔵だったのです。

会津屋呉服店 二階寄棟切妻 の蔵です。

手の先がこの方の作品 UTコンテスト作品          

着物姿いいですね。いらしゃいませ。

ほ〜。なにやら気になる物を見つけた様子

こちらの方々も着物がお似合いです。 

御婦人は『何かしら〜』とか

何か無いかな〜』的な見方ですが

御主人はサーッと見て、「はぁ〜

女は時間がかかるな」

なんて思ってませんか?

後ろ姿が......

13:00~

街並散策

1時待ち合わせで4人街並散策

SHIMAYAの店先から出発。

駅前の情報センターに向かう。

見世蔵 磯田邸 

二階建 切妻平入の蔵の前

結城織音館(ゆうきおりおんかん)

ネーミングいいです。地機織り見学

つくし と おぼけ

    

情報センター1階

地元の紺屋さんのイベント

手軽に染色できます。早速参加2名

インクを付けて型の中へ

がり刷りみたいになぞる。

上手にしないとインクがムラについて

かすれたり、濃過ぎたりします。

インクのつけ過ぎと言われていた

ドライヤーで乾かしてOKなんですって。

彼は薄いグリーンに雪マークみたいな柄

上手にできました

素材は綿。一枚¥300       

情報センター3階へ

1階の入り口そばで

茶席を楽しめる有料のコーナー

3階 紬の作品展と蔵ざらい市

  織物体験も出来るコーナーもあった

デザインも見学

着物の後姿はやはり風情があります。

情報センターの外で真綿を燃やして

動物タンパク質の匂いで絹を確認する

なんて事、ここでするか!お友達と合流

SHIMAYAに向かう

着物姿はY君一人でした。彼はまだ着物歴が短いのですが着物を楽しみたい気持ちでもっと気軽に着られる方法ないかなと考えているようです。着方が誰でも上手に着られるように工夫されないのかな?とも思っているようです。確かに女性用は色々考案されて便利グッツがありますが男性用はあまり聞いた事ないかもしれません。

着物姿の皆さんと反対方向に向かいます

チャップリンの古い映画に携帯電話をもって話しているのが映っているシーンがあるのが不思議、あれは未来人のいたずら?かチャプリンの仕業か?と話題になっているらしい??なんて話を聞きながら歩いていました。 どうなんでしょうね。

オリオン館前でKさんに会えました。

kさんが会いに来てくれたと連絡が入ったので会えて本当に良かった。

Kさんは織物教室の生徒さんだった方で、

今日はその着物と帯を着て来ました。

Kさん素敵です。連れの方も着物が似合っています。自分が織った着物を着るのは贅沢でお洒落。

SHIMAYAの見学

  各自自由に見る。

歩いて

リコさんの所へ

リコさんが借りた見世蔵

のれん

見世蔵中にはいったら別の蔵の入り口が

 貴重な古い布と図案があった。

この蔵の持ち主にお借りしたそうです。

再びSHIMAYAに

店先にて 写真を撮って解散

このメンバーは実は私の着物教室のプチ体験に以前参加してくれた方々です。

まだ、若い方々ですが地元の結城を知らないのは残念と勉強しようと教室に来られました。

着物を着ている方は特に紬に興味を持ち、

その着物を着ている方から数えて3番目の方は現在教室に来ています。なかなか仕事でこられませんが続けています。

今日はご苦労さまでした。声を掛けて頂き嬉しく思います。広がれ紬の輪!

抽選会でショールが当たったようです。

そのショールはSHIMAYAの商品です。

特賞結城紬が当たったそうです

幸運な方です。しかも前回もタンスを当てているそうです。強運、凄すぎです。本人は当たるように気をつけているとのこと。

この方昨日から「きものday結城」に参加している常連さんです。着物で旅をするのが好きな方でmixiによく書かれています。

店内にて記念写真

体格がいい方なので着尺も長尺を選んだそうです。その着尺がたまたま赤いネクタイをしている方の手がけた商品でした。縁とは不思議なもの。幸運な方の左隣の若い方は最近彼の知り合いの店でそのコートをかったそうです。知ってますよその店行った事あるなんてみんなで意気投合して盛り上がっていました。

記念写真なので紬キューピーも参加して。

輪が広がると楽しいです

日も暮れて

SHIMAYAさんから左の道の風景

右の道の風景