<本場結城紬 筬通し>

ここでは、筬通しについて紹介します。

本場結城紬の糸である
手紬糸(てつむぎいと)は<結城紬ができるまで>
で紹介したように
糸自体、強度がないため
糊(のり)を二回つけて、
最後に三回目の糊をつけます。
それを本糊つけ(ほんのりつけ)といいます。
上記写真のように
ひっぱり、乾燥させます。
そうしたら一定の長さで
たぐり輪(わ)にします。
本糊をつけたため、糸はバリバリした
状態です。それを両手でねじるようにして
ほぐします。少し柔らかくなります。
束になってまとまった
状態になています。
筬(おさ)に糸をとおす前に
糸をわけます。くっついている
状態から
一本一本にします。
筬に糸を通しやすくするため
筬には棒などで角度をつけると
いいです。
こちらが一本一本にした状態
やはつ という道具で筬に糸を通していきます。
だぶって糸を筬に通さないように木綿で点々になっています。
4本おきに印があり、間違えると印を確認すれば
わかります。
本糊つけから筬通しまででした。