竹筬 一尺7分 一尺8分  一尺1寸8分 があります。

地機用に筬のあつみを調節し、使用します。

破損が多く、破損のないものは珍しくなりつつあります。

京都などでは最近、竹筬の復興、再生、修理など、様々な活動がおこなわれています。

また、ステンレス筬を使用する職人が増えています。

竹筬は破損率が高いのですが、軽量で地機で年間10反織れる職人は竹筬

ならば11反織れるといわれています。

竹筬