<結城図書館 ゆうき図書館>

ゆうき図書館 Yuki Library と文藝、結城紬以外から学ぶ素晴らしさについて

北村織物五代 北村 陵 

<結城紬外伝>ゆうき図書館(結城図書館)は、あのアマゾンに勝てるのか?結城市民のおさめた資金は結城図書館に<本>という媒体で市民などに還元されている。

文藝のおすすめについて<作成中>

私は、書籍については、基本的には、自腹をきって本を購入し、こころゆくまで

よみふけったほうがみにしみる と考えますが、このコンテンツは、おこずかい

は本には投資したくはないが、本をよみたい!という学生にむけたコンテンツおよび

サイトページです。仕事のあいまに更新していき、完成体は、結城図書館すべて

を読了(読破)するのは、時間的に不可能なので、完成体は存在しないです。

ここで拾った情報は、あまり後付けや補足しないので、さらに詳しく知りたい

人は、自力で調べて下さい。

北村陵

著者(作者)

一覧

説明

一覧

よしもとばなな

吉本ばなな

有名な思想家の父をもつ、女流現代文学の文豪です。ユーモアやお笑いといった現代文学者が嫌う分野まで、文体でカバーしてしまうという離れ業をもっています。

村上龍

村上龍之介

13歳からのハローワークはあまりにも彼を有名にしすぎ、メディアはテレビレギュラー出演をもつまでにいたり、精神衛生上よくない書物を沢山かいています。しかし、そこには彼らしく力強く生きており、映画失敗は忘れさられ、ものともしない。有名な現代文学者のひとりです。
村上春樹 説明する余地もないほど、本が売れに売れ、ノーベル文学賞に近いとされる日本を代表する現代文学者です。どれも素晴らしい書物です。

小沢征爾

小澤征爾

日本で彼をこえるほど成功した音楽家はいません。書籍は、誰かといっしょに出版するのが好きなせいか、自分のことをかいたといえる本は、一冊あるかないかくらいです。くわしく知りたい人は彼を検索して下さい。
松下幸之助 松下電工の創設者です。私がはじめによんだのは社会人になってからですが、最も影響をうけた人物のひとりです。
勝間和代 現代の東京キャリアウーマンの生き方をつづり、私のように<田舎のおっちゃん>を構築させようとする人間とはまったくかけ離れている。東京のキャリアウーマンになりたい人は参考になるため都会の支持率は高く、田舎では、あれ?知らない?おいらはよんだよ。勝間さん?という現状である。ゆうき図書館に著書があるかは確認していない。
司馬遼太郎 莫大な知力によって、組み立てられた文章の<歴史>は、今昔問わず愛され続ける。歴史が嫌いだった人が彼をきっかけに好きになるということもあるらしく、影響力も時代をこえて愛される日本人作家。
北野武 何をやっても、そこには<天才、たけし そこに あり >という形が形成される。いがいとお笑いの文藝ばかりではなく、お笑いの先入観ばかりが目立っていたが、国際的な日本人映画監督としての評価により、彼の<文藝>はさらによみかえされることとなる。
重松清 現代の家庭、家族、いじめなどをテーマに作品をつくり、なるほど昔はそうだったのかなどと思う。野球も好きなのかもしれない。
福沢諭吉 一万円札のシンボルとなり、不動のポジションのザをキープしている。アメリカでいうフランクリンである。学問のすすめが有名。

さくらももこ

三浦美紀

漫画<ちびまる子ちゃん>のみならず、それこそ<エ>は無くても、面白いエピソードをもちつづける著者は、歩く道楽、歩く面白百科事典といったところ。これだけのつまらないエピソードをエンターテイメント化させてしまった純庶民の少女生活体験者は、もはや殿堂入りである。
本田宗一郎

車やバイクでおなじみの<HONDA>創設者。やりたいことをやれ という本はHONDAのモットーや理念となる。学生のうちに読んで損は無い。

内田春菊 ゆうき図書館に置いてあるかは確認していないが、よくもわるくも普通の人ではない。ダウンタウンの松本人志が彼女の本を読んで<すごい>という一言で、彼女は生きる伝説になった。このコンテンツは学生用だが、学生ならば読まない方がいい。
野村克也 通称<のむさん>で知られる野球の名人は監督として、一作家としても成功をおさめ、現在でいうと落合博満氏がその資質に近い。歴史もやたら詳しく、どこで学んだかは不明。
大森実 人物や歴史の著書が多く、この出版にあたり、私はタイムリーに生きられなかったからもったいない。とくにアメリカの歴史は、著書の後半に引用した参考書籍がずらっと書かれ、本の読み過ぎではないだろうか、なんて思うが、それらをまとめる力もあり、素晴らしい。記者としても成功している。
夏目漱石 ボッチャンスタジアムなる球場が誕生するまでにいたり、<坊っちゃん>をよまないわけにはいかない。作品は様々な角度で研究され、謎も多い。日本紙幣に登場する人物はすべて読了したほうがよいのかもしれない。
吉田類 テレビ番組冒頭から、すでにあの世にいっているあたりは、さすが。これくらいでないと酒場ライターはつとまらないといった感じである。文藝は、締めるところは締め、流すところは流す。
太田光 ラジオやテレビの発言とは逆な印象をうける文筆家。どっちが本来の姿なのかまったくわからない。お笑い活動やめてもいいのではないかなんて思わせる辛口な文章はまとをえている。
澤地久枝 実際にお会いした作家。このお仕事好きですか?嫌いです。と私は回答したため著書に登場することはなくなった。結城では<憲法9条の会>で、有名であるが、着物好きとしても有名で、それでいて滅多におあいできない。
永六輔 <えいちゃん>とよばれて、音楽家をおもうようではまだまだ修行も足らない。
塩沼亮潤 実際におあいして、会話したことがある。結城のお寺に毎回いっていたため、偶然にもあえた。仏教の難しいといわれている大阿闍梨(だいあじゃり)となったため、修行僧からは崇拝されている。
檀ふみ 女優というのは化け物の集まりである。そうとしか考えられない。
森永卓郎 自称、経済アナリストは、アニメ<エヴァンゲリオン>に登場する<綾波レイ>のフィギュアの集めすぎにより、自宅コレクションルームが地盤沈下をおこすというハプニングをひきおこした。情報によると松田聖子のストーカーで警察からもレッドカードが出たらしい。コンビニで私は1ポイントお得になる、といいつつも3000ポイントの綾波レイのフィギュアと交換するのである。だから、スジガネイリの<おたく>である。
鈴木修 SUZUKIの会長。は一冊(俺は中小企業のおやじ)しか出筆していないが<1円も無駄にしない経営>がいかに大切なのか、それは経営者になればわかる。学生はきがつくだろう<大企業のオヤジ>だと。
尾田栄一郎 海賊漫画は、いまや田舎のdocomoショップリラックスルームまでも占拠してしまう。
中田英寿 釜本が日本にオリンピック銅メダルをもたらしたが、中田英寿は、それに匹敵するくらい日本代表のサッカーのエースである。現在は引退して、旅人や実業家などといわれている。ただいえることは、東日本大震災の後に、被災地の多くのサッカー少年に、サッカーボールやスパイクをあげたという、素晴らしい活動があったことは、もうすこし強調してもらいたい。日本のテレビ局は貧弱なメディアである。
岩崎弥太郎 三菱の創立者。一文無しからスタートした人生を華やかな舞台へと数々の出会いによって押しやった。坂本龍馬と同じころの伝説の人物である。
小平麻衣子 著書<女が女を演じる>では、明治時代からの文芸の日本人女性が数多く登場するが、いったいどうやったらそこまで調べ尽くせるのかわからないまでに調べ尽くしている。実際におあいしたことがあるが、もの静かな印象とはほど遠い勉強家である。現在は教授らしいのだが、ハイクオリティーな世界に、大学生はついていけるのか心配になる。
澤穂希 女子サッカー選手。世界の頂点に届いた人特有の誰にもわかちあえなかったというオーラが漂う。サッカーの歴史はあさいが、彼女の孤独は深い。
鳥山明 漫画は手塚、赤塚、水木、藤子、鳥山へと変遷。漫画の巨匠たちは、表に出る事を嫌うが、娯楽の域を超え始めたのは鳥山明のドラゴンボールあたりからである。世界でも人気が高く、現在は集英社の神様のいちにおり、尾田栄一郎さんが、ドラゴンボール人気を引き継いだ感じである。集英社は、特にヒットしそうな若手も育てたり、日本漫画の位置づけは、少女、少年マンガどちらも年々ちからを増している。
坂本龍一 映画での主題歌や映画音楽はとくに優れており、ピアノのメロディなどは、無駄もなく、あっさりしていてそれでいて芯までしみこむような音楽をつくりだす。
松井秀喜 ミスター巨人、長嶋茂雄との国民栄誉賞受賞を果たした。巨人が私は好きだからいいが、本来、松井氏がもらえる前に、野茂英雄にも受賞させるべきではないか、という疑問がないわけではない。メジャーのパイオニアはあきらかに野茂である。松井=豪快なホームランだ。

鈴木一郎

イチロー

松井秀喜とミスターの国民栄誉賞受賞だが、イチローは、そのまえに国民栄誉賞受賞をいちどじだいしている。ホームランが松井ならば、ヒットはイチローである。イチローは足がはやい、守備もうまい、打撃もいい、といわば三拍子そろったプロ野球選手である。仰木監督も思い出しそうでかくのはこれくらいにする。
   
   
   
   
   
   
   

 

 

 

 
   
<作成中>  
   
   
海外の人物  

ダグラス マグレガー

ダグラス マクレガー

X理論とY理論は、彼の短い人生が濃厚でいて、いさぎよし。思想は画期的だったに違いない当時の意欲作と影響は、計り知れない。私のような単細胞にも、案外とわかりやすい。だから、影響力もたくさんの人たちに浸透したのだ。彼の生きていた時代は、そうそうたるメンバーが集結しており、まさに黄金時代である。
P.F.ドラッカー <マネジメント>シリーズは、基礎知識として、日本のスポーツアスリートも活用することもあるくらい、職業や場面を問わずして、実用書的な役割を果たしている。経営者はもちろん目をとおしてるが、スポーツアスリートが活用しているという現在の多様化した職業でも広く知られている。ほとんどが、読んでみて、納得させられる素晴らしい構成である。考えつく全てを<マネジメント>シリーズに投資した姿は、立派である。
ギル アメリオ 著書<アップル薄氷の500日>は、スティーブジョブズの公式伝記にもいくらか引用されるほどアップルCEOは、ギルアメリオだった時もあったんだという評価がされる。ある意味、スティーブジョブズ公式伝記より先に出版されていたという事実が、ジョブズの公式伝記をつくらせたといっても過言ではないような気がしてならない。アップル社スティーブジョブズ再復活は彼にとっては悲劇ではあるが、そのあたりも著書には書き込まれている。アップル退任後も書いてもらいたいが、おそらく書かないと思われる。
ディエゴ マラドーナ アルゼンチンのサッカーの神様。ブラジルのサッカーの神様ペレもいるが、とにかく歴史の代表格とされるサッカー選手および悪童は、やること、いうこと、凡人ばなれしていることは間違えない。
ヒポクラテス ギリシャの名医。医学の世界では彼をぬきには語られないのではないか。チーム医療や医学の発展は現在も進むが、大昔のギリシャの名医は、基礎をつくったといわれている。歴史の古い国は、当然のように、天才や名医が存在する。

ミハイルシューマッハ

ミハエルシューマッハ

F1(車スポーツ)では、赤い皇帝、無敵のドライバーなど、彼が車にのると事故でも発生しないと(事故が起きても)勝つ事はできないくらい、一位が続いた。これはヨーロッパのスポーツ文化は、弱いものが勝つことがある。という文化より、強いものには勝つ事が出来ない。とされるアメリカの文化を支持する人は、彼が好きである場合が多い。伝説のF1ドライバー、アイルトンセナのような存在だった。あの、<赤いスーパーカー>が彼より似合う男はいない。
ユン チアン 中国の生きた歴史、自伝、暴露、回避。著書<ワイルドスワン>は世界的な注目と衝撃を知らしめた。この出版により、中国で生きることは文字通り不可能となり、海外逃亡にいたる。<ワイルドスワン>は、あまりにも残酷と貧困な中国を描写することの成功が、自身の海外逃亡という結果をまねくこととなるが、世界から広く歓迎される。毛沢東の知られざる歴史は彼女の著書により、明るみにでた。
マイケル ジョーダン USAのプロバスケットボールのスーパースター。特に人間では不可能とされるスリーポイントの位置からもダンクシュートをきめられるエアー(そらをとぶ)夢をみせつける。バスケットのシカゴブルズ黄金時代、デニスロッドマン(ロドマン)、ピッペンなど擁して常勝チームを牽引。輝かしいプレーの数々はその後のUSA,NBAのサクセスストーリーをつくった。
<作成中>