<スペシャルパニック 結城紬>

いま、栃木県と茨城県の指導所の後継者育成が、

応募殺到とのことだが、わたしからみて、

なんでこんなに、すねていない人が、後継者育成枠

から落とされるんか分からないという人材がいる。

こうなってくると流石に私もパニックな状態である。

自分の活動がどこに漂着するか着地するか想像する

ことができない。これは2013年がふしめに、

どのように変化していくのかも、ある意味、楽しみである。

まったくの想像もできないという、ある種のリスクは

見習1年目をおもいださせ、やけに<じいさん>になった

ものだと、しみじみ思う。ひとつの織元の人間を、

スペシャルパニック 状態 理解不能に陥れた。

人材育成や後継者殺到というのはどう考えてもまともではない。

2013.12.17.北村陵