<夏用結城紬>

以前、夏用結城紬の開発を北村織物でおこなった。

そのときのURL

ここから、ヨコに麻を使用し、タテを手つむぎ糸で

織りは地機。さらに、タテの手つむぎ糸に500回転前後の

撚りを入れてシャリ感を出す、というのがあるが、

ここまでの手間をいれるならば、

タテヨコ手紬糸の縮(ちぢみ)のほうまで逃げたほうが、

いいのではないか、というのが、結果的によいような気がして、それ以降、

縮み(タテ手紬糸、ヨコ手紬糸、手つむぎ糸のヨコは強撚糸)

という従来からの結城紬の技法を尊重した。

夏用結城紬というのは、夏にも結城ということだが、

夏用をばぶき、夏結城なんていうのもある。これはかなりの

粗悪品とネットでたたかれている。あたかもあるかのような

こった証紙が独自でつくられているとかなんとか、

商標登録済みなのかはわからないが、それはもういいとして、

北村織物では夏はユカタ、

初夏はシャリ感のある縮におちつく。

ヨコに麻をいれる、タテに500回転前後の撚りの手つむぎ糸を使用して

夏用結城紬もいいが、縮が産地全体でも生産が少ないというのも事実。

新商品の開発より従来の技術(縮)を北村織物ではすすめていく。