<結城紬用語集>知っていて損は無い。知らなくてもいい。

手紬糸 てつむぎいと 真綿から人の力と技術で作られた絹糸。
糸とり いととり 本場結城紬の国の重要無形文化財指定三要件の一工程。主に、近所のおばさんにとってもらっているのが現状。
織手 おりて 織る工程の職人、または織りをてがける職人をさす。
よこそう よこそう ヨコの絣だけで織り上げたもの。またその絣織物。
かすり 柄。防染によってできる柄。
先染め さきぞめ 結城紬は先染め。対義語 後染め 織る前に染めるのが先染め。
十字絣 じゅうじかすり 漢字の十のような絣。細かいもので蚊に例え蚊絣とも呼ばれる。
しま タテやよこに違う色で模様になったもの。
色無地 いろむじ 絣や縞など、模様の無い反物。飽きがこなく以外と重宝する。色が無い訳ではない
やはつ やはつ 筬に通す道具。金具。筬通しの時使い筬の抜けがないかはじいて使ったりする
のり うどん粉。糸の補強に使用する。
糊抜き のりぬき さらし。手紬糸、反物の最後に糸の補強のために使用した糊をぬき、生地のはだざわりをよくするために行なう工程。一般に蒸気アイロンで糊をぬく。
白ぬき しろぬき 漂白した手紬糸を使用して織った織物。その後、染織家などが染料で描いたりする。通常の織物より漂白されているぶん高価で、本場結城紬では珍しい。
片口開口 かたくちかいこう 地機織りの工程で、織り機の開口をさす。普段は上、下糸が交互に横糸とクロスし、地機は下糸だけ固定し、片側だけ開口する。高機織りは片口開口は無い。
括り手 くくりて 絣くくりを行なう職人をさす。
長襦袢 ながじゅばん 着物の下着の一種。
肌襦袢 はだじゅばん 着物を着る時の着物の下着。
四つ入れ よついれ 筬に2本の糸を入れる所を間違えて2本重ねてだぶらせてしまうこと。
二丁杼 にちょうび 二つの杼で織ることまたその織り方。
80亀甲 80きっこう

よこ幅に対してその幅に亀甲が80個並ぶ細かさの単位。またその織物。数が大きいほど細かくなる。80亀甲、参考画像はこちら

100亀甲 100きっこう よこ幅に対してその幅に亀甲が100個並ぶ細かさの単位。またその織物。数が大きいほど細かくなる。
160亀甲 160きっこう 亀甲がよこはばに160個並ぶ。
200亀甲 200きっこう 亀甲がよこはばに200個並ぶ。
腰当て こしあて 地機織りの時、腰にあてる道具。糸をつるため腰に当てる道具。
染めむら そめむら 糸の染色の時、むらになって染めてしまった染色時のミス。
切り替え きりかえ 絣の糸と地糸を切り替える。または、糸がむらなところを切り、違う糸ととりかえること。
居坐機 いざりばた 現在、居坐(いざり)が死語になり地機(ぢばた)という。
地機 ぢばた 日本最古の織り機。
高機 たかはた ぢばたより歴史が無いが、織りを地機より簡易化した機で初心者でも織れる。
証紙 しょうし 検査に合格した反物に貼られる。卸組合に入らないと証紙ははれない。
縮み ちぢみ 手紬糸を八丁撚糸機で撚りを掛けたよこ糸で織った織物。茨城県の文化財指定の織物で糊抜きすると全体がぢぢむ風合いがでる。生産反数は減り以外と販売されていないが、探している人はいる。
かしゃげ かしゃげ 織る前に先頭部分に白い糸で織りその端末部分の生地。仕立ての時、返されるもので、実際には織り初めの生地。
つくし つくし 紡ぎの糸とりの時使う糸とり道具。
糸巻き いとまき 染色後、糸をまく工程。その作業は糊付け後2回は行なう。
織元 おりもと 生産者の職場や生産に従事する現場、工房。
色止め いろどめ 染色した糸の色を変えられなくするため行なう。色の変化を防ぐ。
あい 染色の原料植物。藍は緑色の葉から乾燥させ発酵させてから使用する。現在日本では無くなりつつある。
あげ草 あげくさ 地機織りの時、お巻きの上にある棒。その道具。糸のつり具合を微妙に調節する。
きつねご きつねご 地機織りの筬のヨコにある棒上の板。
100蚊絣 100かがすり 模様の細かさの単位。一幅に蚊絣が100個並ぶもの。またその反物。
200蚊絣 100かがすり 模様の細かさの単位。一幅に蚊絣が200個並ぶものまたその反物。
総柄 そうがら 蚊絣や亀甲の組み合わせによってできた柄。その反物。細かさは数が多いほど細かく、手間ひまがかかり高級なものが多い。
色合い いろあい 現在では、色の幅、数をさすが、様々な色の反物が増えている。現代にあった色がふえてきている。
糊付け のりつけ 本場結城紬では糊は小麦粉を使用する。水でといた小麦粉を糸につける工程、その作業。
ゴーセノール ごーせのーる 機織りのとき、切れやすい糸の補強のため使用する粉。水で薄めて使用する。
紺屋 こうや 染色専門におこなう場所。またその店。
糊抜き屋 のりぬきや 反物の糊(小麦粉)を洗い張りを専門に行うところ。またその店。
織元 おりもと 結城紬の生産をおこなっている所。作製を行う所。
縞屋 しまや 昔の言い方で問屋をさす。昔、結城紬が縞柄が多かったことからの由来。
問屋 とんや 織元や工房から反物に注文を出し、反物を扱う店。卸商。
卸商組合 おろししょうくみあい 結城紬産地問屋の組合で現在約10件登録がある。
織物組合 おりものくみあい 本場結城紬の生産者が登録している組合。
染色組合 せんしょくくみあい 紺屋(染め屋)の登録する組合。主に染料費を一定にするためと化学染料の色見本(調合)の保持をしている。
検査機関 けんさきかん 本場結城紬の合格、織物の品質保持のため、卸商、織物、染色組合に登録していない第三者により合格、不合格が決められる。
蚊絣 かがすり 蚊のような模様でできた絣。細かい点のような感じになる。総柄の一種。
カシャゲ かしゃげ 織り始まりに織られる白い糸またその部分。おそらく語源は仮上げからきているがさだかではない。
きんとう きんとう 織り終わりに目印となるように織られた部分またその糸の印。
直接染色法 ちょくせつせんしょくほう すり込み(スリコミ)のこと。
スリコミ すりこみ 薄地に濃い色の染液を鉄べらなどで捺染してつくる染色法。これによって出来上がったものは国の重要無形文化財指定には含まれない。本場結城紬ではある。もともと薄地に柄というのがないため、需要にともない発案されたという。
平織り ひらおり 本場結城紬は平織り。平織りの他にあや織りがあるが、本場結城紬は平織りである。
ハトノン紙 はとのんし 真綿を包む紙。他の紙も使うが多くはこの紙を使う。
藍染め あいぞめ 藍で染める。手紬糸に負担がかかる。昔は結城紬のほとんどが藍染めだった。
草木染め くさきぞめ 染料に対して草木染料が1%でも入ってれば草木染めと呼んでよいらしいが色落ちがあり、あまり好まれない。
63羽 ろくじゅうさんば 80,100,160,の筬。17算ともいう。
58羽 ごじゅうはっぱ 縮み用の筬
19算 じゅうきゅうよみ 120用の筬
21算 にじゅういちよみ 200用の筬
布もち棒 ぬのもちぼう 地機織りをして、てもとに近い部分にとおす棒
機延べ はたのべ 必要な糸の長さを延べ台で延べること。その作業、工程。
手織り ており 人が高機もしくは地機で織る作業を手織りという。いしげ結城紬のように機械で織ったものと比較される。反対語→(機械織り、半自動織機織り)
240亀甲 にひゃくよんじゅうきっこう 亀甲の小ささ、絣くくりの限界や織りの限界にいどみ、約3年の時間がかかった幻の結城紬。奥順株式会社が所有しており、まれに一般公開されている。
管がら くだがら 糸を巻付けておく管。杼に入れる。
刀杼 とうひ 地機織り用の大きな杼。
二丁杼 にちょうび 杼をふたつ使い織ることで、通常は杼はひとつ。
微塵格子 みじんごうし 格子の最も細かい格子柄で構成された格子模様。
単衣 ひとえ 結城紬の縮には単衣がよいとされている。対義語的用語→袷(あわせ)
あわせ 平織りの結城紬は着物のシーズン秋や冬に着ることが多いので、仕立てには袷があうとされている。
晩秋生掛 ばんしゅうなまがけ 蚕の煮繭の繭が秋の終わり頃とれるものが蚕のはく糸が細くて、品質もよいとされていて、袋真綿の最高級品となる。
無地屋 むじや おもに無地だけの織物をあつかう織元や生産者、職人をさす。対義語には柄物屋などというが、あまり使われない言葉である。
17算 じゅうしちよみ 主流になりつつある筬。結城紬生産で最も使用されている筬。
ぶんぬき ぶんぬき 絣(目色が白色がおも)で織物の一部を形作り、まるで柄の部分(絣)だけが(色が)ぬけている織物や製品。
80飛 はちじゅうとび 80の飛び柄。
100飛 ひゃくとび 100の飛び柄の織物。
120飛 ひゃくにじゅうとび 120の飛び柄の織物。
160飛 ひゃくろくじゅうとび 160の飛び柄の織物。
みみうち みみうち みみのうちがわの寸ぽう。みみなしでのよこはば。
さしはば さしはば 筬にさしたはば。
向き合い むきあい 飛柄で通常の絣のずらし方とは違う方法で柄(絣)を向かい合う様にすること。
仕付け糸 しつけいと 仕立てた着物などに、新品であることをしめす糸。仕立ての糸。仕立て屋が所持している。
20番カタン糸 にじゅうばんかたんいと

160亀甲などの細かい亀甲のチラシをくくる糸。木綿糸。

3本撚り さんぼんより 3本の木綿糸でできた木綿糸。絣括りに用いられる。おもに160亀甲の十字絣の部分を括る専用の木綿糸。
4本撚り よんほんより 4本の木綿糸でできた木綿糸。絣括りに用いられる。おもに120亀甲の十字絣の部分を括る専用の木綿糸。
5本撚り ごほんより 5本の木綿糸でできた木綿糸。絣括りに用いられる。おもに100亀甲の十字絣の部分を括る専用の木綿糸。
6本撚り ろくほんより 6本の木綿糸でできた木綿糸。絣括りに用いられる。おもに80亀甲の十字絣の部分を括る専用の木綿糸。
8本撚り はちほんより 8本の木綿糸でできた木綿糸。絣括りに用いられる。おもに絣のミミとなる部分を目印用に使用する木綿糸。
思川桜染め おもいがわさくらぞめ 栃木県小山市の思川桜で染める草木染め。大久保雅道さんがあみ出した染色法で、大久保さんが特許を所有している染色のあり方、またその染め物。
ベタ べた 十字絣、亀甲絣を総柄にしたもので、すべてをそれらの絣でうめつくした絣の織物や絣。
17十字 じゅうななじゅうじ 巾に17個の十字が並んだ十字絣、またその織物。
20十字 にじゅうじゅうじ 巾に20個の十字が並んだ十字絣、またその織物。
30十字 さんじゅうじゅうじ 巾に30個の十字が並んだ十字絣、またその織物。
35十字 さんじゅうごじゅうじ 巾に35個の十字が並んだ十字絣、またその織物。
40十字 よんじゅうじゅうじ 巾に40個の十字が並んだ十字絣、またその織物。
50十字 ごじゅうじゅうじ 巾に50個の十字が並んだ十字絣、またその織物。
55十字 ごじゅうごじゅうじ 巾に55個の十字が並んだ十字絣、またその織物。
60十字 ろくじゅうじゅうじ 巾に60個の十字が並んだ十字絣、またその織物。
80十字 はちじゅうじゅうじ 巾に80個の十字が並んだ十字絣、またその織物。
100十字 ひゃくじゅうじ 巾に100個の十字が並んだ十字絣、またその織物。
120十字 ひゃくにじゅうじゅうじ 巾に120個の十字が並んだ十字絣、またその織物。
160十字 ひゃくろくじゅうじゅうじ 巾に160個の十字が並んだ十字絣、またその織物。
200十字 にひゃくじゅうじ 巾に200個の十字が並んだ十字絣、またその織物。
120亀甲 ひゃくにじゅうきっこう 巾に120個の亀甲が並んだ亀甲絣、またその織物。
八丁撚糸機 はっちょうねんしき 縮の緯糸をつくる道具や機械のこと。手つむぎ糸に撚りをかけ強撚糸にする。
強撚糸 きょうねんし 縮(ちぢみ)などの緯糸のことをさす。つよい撚りをかけた糸。
無撚糸 むねんし 手つむぎ糸のこと。撚りがない糸。1m間に七回転くらいまでの撚りにおさえた糸で世界的にみてもまれな糸。結城紬独特といってもいい糸のこと、またその名称。
おぼけ おぼけ 糸とり道具のひとつ。とった糸をためていく桶(おけ)のことをそう呼ぶ。
網代 あじろ あじろとは、結城紬では崩し(くずし)ともよび、目の錯覚を利用して織られる織りかたで織られた模様、またその織物。
崩し くずし 網代と同じ。
もじり織り

もじりおり

地機織りのかわり織りの一種の織りかたで織られた織物。地機で始めに発案した人物はいまだに解明されていない。
後染め あとぞめ 織りが終わってからはじめて染める結城紬、またその糸の染め方。おもに小物などには用いられている染めかた。
希釈 きしゃく 染めの用語。サンプル染めのときなどに用いられている有名な言葉、またその作業や工程、技法。
メスフラスコ めすふらすこ 染色のときに使用される道具。参考画像はこちら
メスシリンダー めすしりんだー 染色のときに使用される道具。参考画像はこちら
スケール すけーる 染色のときに使用される道具。
電子天秤 でんしてんびん 染色のときに使用される道具。スケールと同じ。
薬さじ やくさじ 染色のときに使用される道具。
ビーカー びーかー 染色のときに使用される道具。
スターラー すたーらー 染色のときに使用される道具。
手紡糸 てぼうし 染色用にもちいられる糸。染色のむらが少ないといわれている。機械によって紡がれた糸。対照語:手紬糸
伝統工芸士 でんとうこうげいし 結城紬は従事歴12年を義務づけられている。12年の従事歴をもった状態でさらに証明する人も必要になる。そのうえで実技審査、筆記審査などを合格したものにあたえられる資格。またその人
保持会員 ほじかいいん 結城紬は従事歴20年を義務づけられている。20年の従事歴をもった状態でさらに証明する人も必要になる。そのうえで実技審査、筆記審査などを合格したものにあたえられる資格。またその人
手織り ており 高機織り、地機織りによって織られた織物、またその結城紬。対照語:機械織り
機械織り きかいおり 半動力織機によって織られた織物、またその結城紬。対照語:手織り
地機織り じばたおり 地機で織った織物、またその結城紬。手織りともいう
高機織り たかはたおり 高機で織った織物、またその結城紬。手織りともいう
酢酸 さくさん 酢酸は染色のときに結城紬ではもちいられる。げきやくで、強烈な刺激臭がする。
アポラン あぽらん 染色のときに結城紬ではもちいられる。
和釜 わがま 染色のときに結城紬ではもちいられる道具。
バインダー ばいんだー 糸を巻く機械。大きい機械で、たくさんの糸を巻くときに便利。
半手 はんて 絣括りをする人が覚える言葉、またその技法。絣用語
総手 そうて 絣括りをする人が覚える言葉、またその技法。絣用語。
左右反転 さゆうはんてん 図案をかくときにもちいられる。デザイナーは熟知している技法。
のり 結城紬では、糊はうどん粉、小麦粉をさす。
目色 めいろ 絣の色のこと。またその色。
湯通し ゆどおし 糊ぬきのこと。糊抜きと同じ。
はた草 はたくさ 木製、紙でできている。機巻きのときに使用される。
ふんばり棒 ふんばりぼう 地機の織り手が足をふんばるときにもちいられる棒、またその道具。
重炭酸ソーダ じゅうたんさんそーだ 結城紬では煮繭のときに使用される。どこにでも売っている化学薬品。
延べ台 のべだい 糸を延べるときに使用する台。木製が主流。
糸計算 いとけいさん 織物をつくるときにどれくらいでできあがるかを計算する。糸の無駄をなくすためにおこなわれる。
デニール でにーる 糸の太さ。糸の太さをだすときに使う計算式でだれにでもだせる。
四ついれ よついれ いとつの筬目に、間違えて4本(上糸2本、下糸2本)の経糸を筬にとおしてしまったこと。通常は上糸、下糸1本づつになる。基本的に、となりやその部分がからになるので気が付いた時点でなおす。
なめっこい なめっこい なめらかなこと 使い方:なめっこい生地
はけめ はけめ 上糸、下糸が同じ色の地糸をすべて上糸か下糸を異なる色の地糸にきりかえること、またその結城紬。参考画像はこちら
きぬたうち きぬたうち 本場結城紬ではおこなわない。無駄な作業となっている。
結城紬大使 ゆうきつむぎたいし ある程度の知名度がある有名人に結城紬の宣伝を目的に任命された人、またその人物。市長から任命をうける。
逆スリ ぎゃくすり 逆スリコミ(擦り込み)の略。ベタで擦り込み(直接染色)できるものに、絣括りではなく擦り込みの技法を用いること。難しいものは絣括りしたほうがはやいが、ほとんど名人芸のスリコミができる職人にしかできないといわれている。
重曹 じゅうそう 重炭酸ソーダと同じ。煮繭(しゃけん)のときに使う化学薬品。
ガラス棒 がらすぼう かきまぜる時に用いる道具。 参考画像はこちら
亀甲 きっこう 亀の甲羅を図案化した模様。参考画像はこちら

蚊絣

かがすり 十の字と同じ。蚊のような点でできている絣。参考画像はこちら
十の字 じゅうのじ 蚊絣と同じ。たて、よこ絣をあわせるシンプルな絣。参考画像はこちら
たけ たけ 結城紬の生産地地元ならではの土着度のあるうどん粉、糊。小麦粉商品名
竹筬 たけおさ 竹でできた筬。最近は使用する人が少ない。参考画像はこちら
ステンレス筬 すてんれすおさ ステンレスでできた筬。破損が少なく使用する人は多い。
柄物 がらもの 絣の入ったもの、をさす場合が多い。
三つ入れ みついれ 正常な状態の糸の組み合わせ(上糸、下糸)の状態に、となりの上糸か下糸が一本混ざり、ひとつの筬目に3本糸がある状態のこと。
上糸 うわいと 織物の糸のたていとの上になる側の糸をさす場合が多い。反対語:下糸
下糸 したいと 織物の糸のたていとの下になる側の糸をさす場合が多い。反対語:上糸
スケール すけーる 本場結城紬では重さ0.01gを計量する場合があり、そのときに使用される秤。
はかり 糸を計量する場合に使用するが、そのほか、うどん粉(糊)も計量する。
本場結城紬 ほんばゆうきつむぎ 特定の組合が商標登録をおこなっている。ひとことで結城紬ともいわれる。

いざり

いざり 居座ると書いて<いざり>というが、この言葉が死語になってはいるものの、地機で織った、という意味でいまだに使用される。
高橋式半自動織機 たかはししきはんじどうしょっき いしげ結城紬を織る織り機のことで、一般的には<機械織り>といわれる。それらも<手織り>とは区別せずたんに結城紬とよばれている。
検査 けんさ 結城紬の品質の良さを保つ為におこなわれるようになった。結城紬には検査制度があるということは普及し始めたものの、まだまだいきわたっていない。
結城市史 ゆうきしし 結城市の歴史を書いたもので、結城市が発行している。第六巻では結城紬も産業として記録が残っている。
重文 じゅうぶん 国の重要無形文化財を<重文>とよぶ場合がある。
半亀甲 はんきっこう 亀甲の柄が半分の状態やかけている状態。
半亀甲修正能力 はんきっこうしゅうせいのうりょく 半亀甲になっている部分を修正する技術。県の研究員がデザインソフトで<特許>をもっている場合がある。基本的には、デザインソフトで、半亀甲の状態から亀甲完全体に修正する。
本場結城紬織物協同組合理事長 ほんばゆうきつむぎおりものきょうどうくみあいりじちょう

結城紬の生産者の組合。茨城と栃木の2県でそれぞれ組合員がいて 役員をきめている。そのほか原料の組合、染色の組合、検査の組合などがある。理事長は交代制で任期がありトップの役割があるがリーダーシップがどうこうという基準より織元の主人が交代制で担っている。

本場結城紬卸商協同組合理事長 ほんばゆうきつむぎおろししょうきょうどうくみあいりじちょう 問屋の組合。結城紬の産地の問屋で成り立つ。理事長を交代制ですえおく
大鷲 おおわし 現在の紬の里の旦那さんが、熱心に研究して復活までさせたといわれている。通常の繭とは比べてみて大きい。家蚕。
天蚕 てんさん 野生のヤママユガの蚕によって出来上がる繭をさす。緑色や薄い緑色をしており、繊維のダイヤモンドとよばれるほど高価(一粒500円)。
小石丸 こいしまる 小石丸は日本国天皇の育てる美しい繭で独特な形をしている。エリート品種とよばれるほど生命力や繁殖力がないため、保護しないと絶滅するといわれている。家蚕。
家蚕 かさん 人間が育てる繭をさす場合がほとんどである。反対語:野蚕
野蚕 やさん 野生で育った繭をさす場合がほとんどである。反対語:家蚕
後継者育成 こうけいしゃいくせい 後継者育成は、織元が織り手をいちから技術伝承する、というのが一般的とされていたが、この考えやあり方が破綻してしまい、現在は民間ではいちから後継者育成はおこなわない。国、県、市など民間ではない施設で技術伝承を数年間おこない、ある程度の生産者になった後継者を織元が引き継ぎ、職人にするのが一般的になった。
農家副業 のうかふくぎょう 結城紬は歴史的な背景からすると農閑期に野菜は育てることができないため、屋内でおこなえる結城紬生産をおこなっていたという記録も残っている。そのため、農家と結城紬は非常に近い産業といえると思われる。
養蚕 ようさん 結城紬の原料を育てること、またつくること、またその職業。蚕を育てる広いスペースが必要である。
くわ 桑は蚕の飼料とされている。
桑畑 くわばたけ 桑畑は広いスペースが必要であり、養蚕をおこなう人はセットで所持、所有している場合が多い。
もろ もろ タテヨコ同じ素材の糸で織ったという意味。
手つむぎ糸もろ てつむぎいともろ 手つむぎ糸をタテヨコに使用した織物。その紬。
正絹 しょうけん 絹のこと。
     
     
     
     
     
     
     

追加

現在は、知らない用語は、知らない単語が出た時点で、インターネット百科事典で直接入力して検索したほうがはやいと思います。

また、結城紬用語と検索するより織物用語集の本を購入しても同じです。事典のたぐいは分厚くて在庫になるので所持欲がある、

てもとにおきたい方が購入します。

ただ、お金がもったいないので購入しないほうがいいです。

作成中